男性には性欲があると思いますが、誰かとセックスしたいと思った時、無意識に日本人女性だけを狙っていませんでしょうか。実は日本人よりも外国人というのは比較的セックスしやすい傾向があります。しかし、なぜでしょうか。今からその理由を紹介します。
 
 

貞操観念が緩い

 
 
貞操観念という概念を考えたことがありますでしょうか。日本にいるとどうしても接する女性が日本人ばかりになってしまい、狭い世界ばかり見てしまうことになると思います。しかし、日本というのは世界的に見ればある意味特殊な国なのです。というのも日本の貞操観念というのは世界的に見てもかなり「固い」です。これは日本人が「シャイ」な傾向があるという有名な話を照らし合わせて見ても納得できるのではないでしょうか。日本人女性というのははセックスに対して固いというまぎれもない事実があるのです。
 
これは、逆にいうと、日本人と比べて外国人は緩いということを意味しています。つまり外国人にアプローチすれば、日本人にアプローチするよりも効率的にセックスすることが可能なのです。
 
 

コンペティターが少ない

 
女性の落としやすさを左右する上でどうしても考慮しなければならないのがコンペティターの量です。相手が美女であるほど落づらくなる理由を考えたことがあるでしょうか。実はこれは単純に「コンペティターが多いから」という理由しかありません。美女には多くの男がアプローチをかけます。あなた以外にも多くの男性がライバルとして存在するのです。ですから、単純に倍率で考えて、美女をゲットするということは難しくなるのです。極端な話ですが、この世の人口が2人であり、それがあなたと美女だけであれば、美女を落とすことは確実でしょう。コンペティターの概念とはそういうことです。
 
では、外国人をこの観点で見るとどうでしょうか。実は外国人をゲットしやすい理由というのはこのコンペティターが少ないということに起因しています。なぜでしょうか。これは言語の壁が大きなところです。日本人が外国人に話しかけないのは、英語ができないから、という理由も多いですが、そもそも相手が外国人というだけで話しかけることを躊躇してしまったりもしています。なぜなら見た目が外国人というだけで「日本がはおそらく通じないだろう」「自分とは住む世界が違い人間だ」と距離を置いしまうからです。しかし、その予想とは裏腹に、日本にいる多くの外国人は日本が少し話せます。なぜなら日本にいる時点で日本語の勉強をしている可能性が高いですし、そもそも日本で生活するためには若干の日本がわからないと厳しいからです。しかしその事実を知らずに多くの日本人は勘違いをして、外国人と距離を置いてしまっています。
 
そんな理由で、外国人にはコンペティターが少ないのです。つまり、外国人に対するアプローチはうまくいきやすいです。
 
 

多くの場合に彼氏がいない

 
一言に外国人といっても、なぜ日本に来ているのか、滞在理由はそれぞれでしょう。ただ、日本に来ている若い外国人、少なくともターゲットになり得る年齢の外国人というのは多くの場合「留学生」です。そして留学生というのは多くの場合、彼氏がいません。なぜなら、留学前に元の国に彼氏がいたとしても、留学で遠距離になった時点で別れやすいからです。留学生の留学期間は1年というのが多いですが、学生にとっての1年はとても長いです。多感な時期に、彼氏と1年も合わないというのはほぼ決別を意味します。また事実として、彼氏が母国にいたとしても、長期間会うことはできません。つまり彼氏がいる以内に限らず、留学生の女性というのは長いこと異性としての男性と接していない可能性が高いです。
 
ですから、外国人というのはフリーな場合が多く、アプローチすると成功しやすいのいです。